看護学生・新卒看護師のための就活・奨学金情報サイト

佐野厚生総合病院の先輩インタビュー

佐野厚生総合病院
  • 公的病院
  • 栃木県佐野市
  • 奨学金あり
  • 充実の教育制度
  • キャリアアップ支援あり
  • 寮あり
  • 退職金制度あり
  • 保育施設あり
2022年9月~急性期病床拡大!ニーズに応え急性期特化の総合病院へ
看護師 419人
病床数 531床
看護体制

一般病棟入院基本料:7対1

佐野厚生総合病院の先輩インタビュー

看護師1年目のKさん

急性期病棟
2021年卒/公立館林高等看護学院

現在の部署と仕事内容を教えてください

私は東5階病棟に所属しています。東5階病棟は外科、呼吸器外科、耳鼻咽喉科といった主に手術を目的とした患者さんが入院されている病棟です。手術を控える患者さんから術後、間もない全身管理を要する患者さんの看護、術後、状態が安定し、退院を控えている患者さんの範囲サポートなど仕事内容は様々です。

仕事のやりいがいを感じるのはどんなとき?

入職時は知識、技術ともに十分でなく、自分の未熟さに落胆することが何度もありました。しかし、先輩方のサポートのもと、今までできなかったことが一人でできるようになったり、ポジティブな評価をいただいたときには、とてもやりがいを感じ、更なる向上心を抱くことができました。また、私が担当で良かった、ありがとうと言っていただいた時はとても嬉しかったです。続きをみる

病院の特長や良いところを教えてください

PNS制度というものを設けており新人看護師のサポート体制が整っている事と実際に臨床の場に出てみると心強いです。常に相談できる先輩方がいらっしゃるので一人ではないという安心感を持ちながら働けるので、新人として臨床の場に立つにあたり良いことだと思います。

将来の夢や今後の目標は?

外科病棟の看護師として手術を控える患者さんの精神的サポート、手術後の全身管理を要する患者さんの看護、手術を終え退院に向け準備していく患者さんなど幅広く患者さんを看ることができる看護師を目指していきたいです。日々患者さんとの関わりを大切にし、手術入院という多くの不安を抱えた方々が少しでも安心して入院生活が送れるよう、患者さんも病院での生活を支えることができる、思いやりのある看護師でありたいです。続きをみる

看護師1年目のOさん

急性期病棟
2021年卒/晃陽看護栄養専門学校

仕事のやりがいを感じるのはどんなとき?

あなたのおかげで頑張れた、ありがとうなどの感謝の言葉を頂いた時です。また、整形外科は他の科に比べると亡くなる患者さんが少なく、回復して退院することが多いため、今までできなかったことができたり、元気になったりと、患者さんの回復が目に見えることが一番のやりがいです。

就職前に不安だったことは?どのように解消した?

人間関係と看護の知識・技術が不安でした。東4階病棟は明るく元気な先輩方が多く、知識や技術面をサポートしてくださったり、声を掛けやすい環境でもあるため、学びも多く自分の苦手分野も明確になり、楽しく働くことができています。

佐野厚生総合病院に入職した理由は?

病院見学をさせていただいた際、明るい病棟の雰囲気と自宅から近く通いやすい点が魅力でした。

将来の夢や今後の目標は?

今後の目標として多重業務になってしまった時の優先順位の判断や急変時の対応、退院調整など臨床の場面で迅速に対応ができるように自分の役割を把握して任された業務に責任を持ち、精進していきたいです。

職場の雰囲気や人間関係はどうですか?

明るく元気なスタッフが多く声もかけやすい雰囲気の病棟です。業務が忙しいこともありますがスタッフ同士、声をかけ合いながら業務を行うことができています。

看護部の教育や研修について

座学はもちろんありますが、同期と話し合う機会や実践も多くあり、始めは緊張しましたが、今後看護を行っていく上でカンファレンスや報連相は必要不可欠となるため、とても良い機会になりました。院内でもさまざまな勉強会があり、東4階では見ることができない事例や機械の使用方法など学べるためとても新鮮です。新人教育でプリセプター制度があり、先輩がマンツーマンで自分のペースに合わせて指導・サポートしてくださり、わからないことなど相談しやすいため、より早く技術を習得することができとても仕事をしやすい環境だと感じています。新人研修の他に、定期的にさまざまな研修があることや、一年目は院内留学があり、自分の希望の病棟や手術室、救急センターなどさまざまな病棟を見学することができ、手術など、実際に目で見ることでイメージがつき術前術後の看護について深く考えることができました。続きをみる

看護師1年目のNさん

急性期病棟
2021年卒/京都聖カタリナ高等学校 看護科

現在の部署と仕事内容を教えてください

西6階の循環器内科、腎臓内科病棟で働いています。心臓や腎臓疾患患者さんの看護をさせてもらっています。シャント手術・ペースメーカー、腎生検、心臓カテーテルなどの検査や手術の看護などです。またHCUもありますので、重症患者さんの対応もしています。

佐野厚生総合病院に入職した理由は?

二次救急医療機関であり、重症患者さんや急性期の患者さんと関わることで、疾患の知識から看護を学ぶことができると思い希望しました。また、職員同士、仲のいいイメージをインターンシップで感じ、私も一緒に働きたいと思ったためです。

就職前に不安だったことは?どのように解消した?

コロナ禍で実習期間が少なく、知識も少ないため、現場で実際に働いていける不安でした。プリセプターや病棟の先輩看護師に分からないことを教えていただいて、できなかったことが一人でできるようになった際に不安が解消されたと感じました。

休暇や福利厚生について

地元から不慣れ、栃木県に来て初めての一人暮らし。仕事との両立に不安でしたが、職場の近くに綺麗な寮がありセキュリティーもよく安心して生活ができ仕事に負担がかかることなく過ごせています。

看護師2年目のMさん

脳神経外科病棟
2020年卒/桐生大学

現在の部署と仕事内容を教えてください

脳神経外科病棟で働いています。脳血管疾患の急性期ケアを担当する診療科です。ADL低下により入院から退院までの入院期間が比較的長く、患者さんは高齢者が多い傾向です。わずかな対応の遅れが患者さんの予後を大きく左右することから、患者さんの状態を的確に判断する洞察力・観察眼が求められています。

佐野厚生総合病院に入職した理由は?

小学2年生の時に家族が脳梗塞で倒れ、入院していたことがきっかけです。当院で長い入院生活を送り、患者本人や私たち家族もお世話になりましたので、貢献したいと思い、佐野厚生総合病院に入職しました。

病院の特長や良いところを教えてください

多職種との連携がとりやすいです。薬剤でわからないことがあれば薬剤師へ、疾患や患者さんからの訴えなどは医師へ連携しやすい環境だと思います。また、看護師だけでわからなかった情報など、理学療法士さんや栄養士の方々が情報を共有してくれるため、患者さん一人一人に質の高いサービスを提供することができます。

看護師6年目のSさん

手術室
2016年卒/足利短期大学

仕事のやりがいを感じるのはどんなとき?

大きく分けて2つあります。ひとつ目は自分の好きな診療科の手術や大きな手術の器械出し看護をやり遂げた時です。ふたつ目は、自分の担当をした患者さんが術後元気になった姿を見た時や術後訪問で感謝の言葉をいただいた時です。

就職前に不安だったことは?どのように解消した?

新社会人であり、学生時代よりあまり馴染みのない手術室というところで自分が働くことができるのかがとても不安でした。ですが、厳しくも優しく指導してくださる先輩方や、何よりも当時の師長さんの優しい声かけや笑顔に何度も救われたことを覚えています。

将来の夢や今後の目標は?

まず、第1の目標として手術看護認定看護師の取得を掲げています。手術看護という素晴らしい分野の知識技術を深め、後輩指導やチーム力の向上に努めたいです。今までお世話になった先生方や先輩方への恩返しでもありますし、何よりも一番大事な患者さんのためにと考えています。

職場の雰囲気や人間関係はどうですか?

時には厳しくも優しく、丁寧に指導してくださる先輩方、フォローし合える同期や後輩、頼りになる師長と素晴らしい職場であると思っています。

看護師3年目のWさん

精神科病棟
2019年卒/足利大学

現在の部署と仕事内容を教えてください

東8階病棟、精神科病棟に所属しています。患者さんの不安な気持ちを少しでも取り除けるように傾聴したり、内科や外科など身体合併症を有する患者さんの点滴管理や処置などの看護を行っています。

教育制度について教えてください

1年目の研修では、基本的なことを細かく教えていただけるので助かりました。クリニカルラダーの研修が月に一回ありますが、負担なく臨むことができました。現在はeラーニングが導入されていますので、自宅にいても分からない技術などを復習することができ、学ぶ環境は充実していると思います。教育や研修には満足しています。続きをみる

将来の夢や今後の目標は?

私の将来の夢は訪問看護師になることなので、日々の業務に集中し、知識と技術の向上を図り、また多職種との連携を積極的に行いながら、患者さんに寄り添える看護師を目指しています。

看護師17年目のOさん

【緩和ケア専従看護師】
2005年卒/桐生短期大学

仕事のやりがいを感じるのはどんなとき?

現在、緩和ケア専従看護師として勤務していますので、自分の専門性を生かして仕事ができる業務のすべてにやりがいを感じています。あとはやはり患者さんの笑顔です。私もつられて笑顔になるので、目元のしわがどんどん増えていってしまいます。

佐野厚生総合病院に入職した理由は?

高校生の時に当院のふれあい看護体験参加しました。働いている人たちがいきいきしているのがすごく印象的でした。その後、奨学金制度を利用させていただいたこともあり、就職を決めました。

教育制度について教えてください

新人看護師や経験者の支援体制が整っていることはもちろんですが、キャリアアップを目指す看護師に対するサポートが手厚いと感じています。病院側のサポートのおかげで、社会的に学ぶ力を育ててもらっています。

休暇や福利厚生について

私自身、夫婦共働きで周囲に頼れる人のいない中で子育てをしています。育休明けは、今まで通りに働けるのだろうかと不安が強かったですが、職場内保育園があることで安心して職場復帰することができました。福利厚生として職場内保育園があるのは本当にありがたいです。

看護師2年目のSさん

精神科病棟
2020年卒/県南高等看護専門学院

現在の部署と仕事内容を教えてください

精神科病棟で働いています。仕事内容は、コミュニケーションを多く取り、心のケアをしていくことが特徴です。患者さんの中には、自分の病状をうまく伝えることができない方も多くいらっしゃるので、関わりを通して日々の変化に気づいていくことが大切になります。

将来の夢や今後の目標は?

まだ慣れないことも多いため、一歩一歩頑張っていきたいです。自分自身の知識や技術の向上はもちろんですが、患者さんやスタッフにも気遣いができる看護師になっていきたいです。

休暇や福利厚生について

毎月の休みは希望通りとれるため予定にあわせた働き方ができます。育児休暇や短時間勤務、職場保育園などもあるため、子育てしながらも働きやすそうです。

看護師4年目のIさん

急性期病棟
2018年卒/東群馬看護専門学校

現在の部署と仕事内容を教えてください

メインは整形外科ですが、形成外科、皮膚科も含む混合病棟で働いています。主に、バイタルサイン測定や患者さんの術前術後の観察や採血、点滴、清潔ケアなどいろいろな業務があります。

就職前に不安だったことは?どのように解消した?

私は転職して佐野厚生総合病院へ就職しました。馴染めるか不安に思っていましたが、先輩方も優しくて馴染むことができましたし、仕事がしやすい環境でした。分からないことも丁寧に教えてくださいました。

看護部の教育や研修について

今はコロナ禍でもあり難しいですが、いろいろな院内勉強会があり自分の部署では学べないことも学ぶことができる機会があります。院外研修も行きたいものがあれば、希望して参加することができるため知識を深めることができると思います。

佐野厚生総合病院のコンテンツ一覧