看護学生・新卒看護師のための就活・奨学金情報サイト

佐野厚生総合病院の特色

佐野厚生総合病院
  • 公的病院
  • 栃木県佐野市
  • 奨学金あり
  • 充実の教育制度
  • キャリアアップ支援あり
  • 寮あり
  • 退職金制度あり
  • 保育施設あり
2022年9月~急性期病床拡大!ニーズに応え急性期特化の総合病院へ
看護師 419人
病床数 531床
看護体制

一般病棟入院基本料:7対1

佐野厚生総合病院の特色

ケアミックス型総合病院

ケアミックス型総合病院
診療室 診療室

当院は、高度急性期および急性期医療を中心に、地域包括ケア病棟、療養病棟、精神神経科病棟も有するケアミックス型の総合病院です。あらゆるステージの患者さまに対応する地域の中核病院として、皆さまからよりいっそう信頼される病院を目指しています。

ケアミックス型総合病院の画像

DMAT指定病院として活動しています!

DMAT指定病院として活動しています!

当院は、2020年に「栃木県DMAT指定病院」に認定され、佐野市の災害医療を充実させるために活動しています。現在は、災害拠点病院の認定を目指して準備を進めています!

利用しやすい病院、働きやすい病院を目指して

ダヴィンチ ダヴィンチ

多様化する医療ニーズに対応できるよう最新鋭の医療機器も取り揃えております。近年では、手術支援ロボットda Vinci Xiや生体モニタ管理連携システムの導入など、患者さまや職員の負担軽減をはかる機器の設置も積極的に進めています。

部署・病棟紹介

部署・病棟紹介

西3階病棟【産婦人科】

当科は妊産婦さんを継続的にサポートすることで、安全安心なお産を目指しています。分娩中の急変時にも迅速なサポートでより安全に出産できる体制を整えています。婦人科では子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮内ポリープなど様々な疾患診療を行っています。医師をはじめ、とても話しやすく、何でも相談できる気さくなスタッフが多いです。地域の周産期・婦人科医療に貢献できるよう、日々取り組んでいます。

西4階病棟【消化器内科】

西4階病棟では胃や大腸のEMR(内視鏡的粘膜切除術)・ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)・TACE(肝動脈化学塞栓術)・肝生検をはじめとする検査や内視鏡的に治療のために入院される患者さまを受け入れています。急性期の様々な患者さまを受け入れ、プライマリーナースが中心となって患者さまやご家族の方と密に関わりながら退院に向けた支援を行っています。子育て世代のスタッフも多く、スタッフ間で協力し合える環境を整えてワークライフバランスの向上に努めています。

西5階病棟【呼吸器内科・感染症疾患】

呼吸器疾患では主に肺炎や肺癌、慢性呼吸器疾患の患者さまの診療を行っています。肺癌では化学療法や放射線療法におけるケア、肺炎や慢性閉塞性肺疾患では酸素療法から人工呼吸器の管理におけるケア、苦痛の緩和から終末期、在宅へ向けた指導を行っています。多職種カンファレンスで密に連携し、看護ケアの充実を図り、退院に向けて支援・調整をしています。感染症疾患では、疾患に準じた対策を遵守し拡大防止しに努めています。

西6階病棟【循環器内科・腎臓内科】

循環器内科では主に狭心症や心筋梗塞・心不全、心原性の脳梗塞の患者さま、腎臓内科では主に腎疾患やシャント造設・透析導入の患者さまが多く入院しています。45床のうち3床のHCUがあり、全身的な治療を必要とする急性期および重症の患者さまに対して集中的な治療・看護を行う部屋となっています。看護師は常に知識習得やスキルアップを行い、重症な患者さまを救う使命感を持って日々業務にあたっています。

西7階病棟【腎臓内分泌代謝内科・消化器内科・呼吸器内科 他】

西7階病棟は48床のベッドを有した内分泌内科となっており、主に糖尿病の血糖コントロールや教育入院の患者さまを受け入れています。受け持ち看護師が中心となり、ソーシャルワーカーなど退院調整部門とも連携を取って、安心して退院できるよう支援しています。病棟は看護師、准看護師、看護補助など約35名が所属し、新人からベテランまで幅広い年齢層の看護師がそれぞれの持ち味を発揮し、「協同の精神と思いやりの心」を意識して働いています。

東3階病棟【小児科】

東3階病棟は小児・成人の混合病棟です。小児全疾患だけでなく、診療科に関係なく成人の方も入院するため、幅広い年齢層の患者さまを受け入れしています。産科病棟と連携し32週からの早産に対応してるほか、地域の産院からの新生児搬送も柔軟に受け入れています。病棟では若いスタッフから子育て中のスタッフまで様々なスタッフが働いており、経験豊富な助産師が母乳支援や育児指導ケアに取り組んでいます。

部署・病棟紹介

部署・病棟紹介

東4階病棟【整形外科・形成外科・皮膚科】

東4階病棟は整形外科・形成外科・皮膚科の急性期病棟です。手術件数は月に40~50件程度あり、周術期看護について学ぶことができます。手術後、リハビリを行い患者さまのADLの変化が目に見えて分かります。患者さまと一緒に回復していく喜びを共有することができ、やりがいを感じることができます。スタッフ間のチームワークがしっかり取れており、元気で明るい病棟です。

東5階病棟【消化器外科・耳鼻科・呼吸器外科・口腔外科】

多くの手術を受ける患者さまのケアや化学療法・放射線療法を受ける患者さまのケアを行っています。急性期から緩和ケア・終末期の患者さまが安心して療養生活を送れるように、多職種と協働して看護ケアを提供しています。病棟には栄養サポートチーム(NST)看護師・がん緩和看護師が在籍しており、最新の看護について学ぶ機会が多くあります。若いスタッフや子育て世代のスタッフが、多く活躍している活気ある病棟です。

東6階病棟【脳神経外科・泌尿器科・内科】

脳神経外科疾患は重症度が高く、緊急性があることが多いです。泌尿器科ではロボット支援手術や多数の術式が行われており、脳神経外科、泌尿器科も手術だけではなく化学療法や放射線療法を行っています。内科では主に神経内科疾患を対応しているほか、緊急入院も受け入れています。病棟には摂食嚥下障害看護認定看護師が在籍しており、学ぶ機会が多いです。複数の診療科や治療方法があり大変ですが、やりがいを感じられる病棟です。

東8階病棟【精神科病棟】

県内に総合病院の精神科は3施設あり、その中の1施設で急性期治療から回復期・慢性期治療を一貫して行う体制を整えています。一般的な精神疾患等だけでなく、総合病院の精神科の特性を活かした治療も行っています。精神科看護の経験豊富な看護師が在籍しており、様々なことを学び、経験することができます。認知症患者の対応でも総合病院の強みを活かした画像診断・各種検査の実施や、認知症看護認定看護師による教育・研修で具体的な支援方法を学べます。

外来

外来部門は、診療科をA・B・C・Dの4つのブロックに配置し、医師、看護師、ドクターズクラークなど、診療および外来業務を行っています。診察や処置前に患者確認を徹底し、患者誤認防止に取り組み、安心で安全な看護を提供しています。外来看護師は年齢層が幅広く、子育てや介護中のスタッフでも働き続けられるように個々にあった働き方を推進しています。認定看護師が2名在籍しており、専門的知識を勉強会などで共有し学びを深めています。

手術室

手術室では年間約3,400件の手術を行っています。泌尿器科では前立腺や腎臓、呼吸器外科では肺の手術に対して手術侵襲の少ない最新医療であるロボット支援手術のda Vinci手術を行っています。様々な術式に対応できるスキルや知識を習得し、各科医師と看護師間で情報共有を密に行っています。スタッフが働きやすい環境を整え、患者さまだけでなくスタッフの健康増進や精神的なストレスの軽減を目指しています。

佐野厚生総合病院のコンテンツ一覧