看護学生・新卒看護師のための就活・奨学金情報サイト

板橋中央総合病院の特色(看護師 新卒採用)

板橋中央総合病院
  • 一般病院
  • 東京都板橋区
  • 奨学金あり
  • 充実の教育制度
  • キャリアアップ支援あり
  • 寮あり
  • 駅が近い
  • 保育施設あり
看護師としての成長・活躍を全力でサポートします
看護師 614人(※看護部人数※男性看護師は約54名)
病床数 569床
看護体制

一般病棟入院基本料:7対1

板橋中央総合病院の特色

各病棟で働く看護師を掲載していています。気になるセンターや病棟がありましたら、インターンシップや見学会に参加して見に来てください。

脳卒中センターの紹介

脳卒中センターの紹介の画像

板橋中央総合病院の脳卒中センターはSCU(stroke care unit)と一般病棟から構成されています。脳神経外科、脳血管内治療科、総合診療科の脳卒中に関連する診療科での治療が行われており、看護部、リハビリテーション科、薬剤部、ソーシャルワーカーなど、多職種で運営されています。週に1度カンファレンスを行い、臨床情報の共有、検討を行って、より良い治療を提供できるように努めております。

SCU(脳卒中ケアユニット)

SCUとは脳卒中のためにデザインされた集中治療室であり、専門のスタッフや医療機器など一定の基準を満たした施設に認可された病床のことです。多職種で構成する脳卒中専門チームが、脳卒中急性期から集中的な治療と早期からのリハビリテーションを計画的かつ組織的に行います。脳卒中の初期治療をSCUで行うことは一般病棟での治療と比べ、脳卒中の悪化や再発、肺炎などの感染症および死亡率が有意に低下し在宅復帰率の上昇、在院日数の短縮効果が得られるとされています。

脳神経外科病棟

脳卒中看護は、「意識障害、失語のある患者さまの異常を早期に見つけ悪化させない」「患者さまのセルフケア能力の支援」「廃用症候群の予防」などの看護を実践できます。

呼吸器病センターの紹介

現代の医療は、専門分化が進むと同時にそれぞれの専門性を生かした「集学的治療」が求められています。呼吸器疾患についても内科・外科の垣根を越えたシームレスな診療が必要です。板橋中央総合病院では平成29年6月1日に呼吸器病センターを開設し、呼吸器内科・呼吸器外科が今まで以上に連携・協力し、地域の皆様のニーズに応え、迅速かつ良質な医療を提供できるよう体制を整えました。

呼吸器病センター(外科)病棟

やさしく手厚い指導をお約束します! やさしく手厚い指導をお約束します!

呼吸器外科では、肺癌の標準治療として、胸腔鏡手術やロボット手術で低侵襲手術・早期退院を実現しています。また、そのままでは切除不能である進行肺がんに対し、 化学療法(抗がん剤、免疫療法)によって腫瘍を縮小させたのち、完全切除を行うというサルベージ手術も積極的に行っています。 また、気胸、膿胸など緊急の処置が必要な疾患については呼吸器内科・呼吸器外科が協力して即時対応しています。看護部では、肺がん・気胸・膿胸・縦隔腫瘍・肺炎などの疾患を抱える患者さまの看護を行っています。手術に安心安全に臨めるような支援や、術後の化学療法投薬、緩和ケア等の看護を実践しています。

呼吸器病センター(内科)病棟

明るくアットホームな雰囲気です♪ 明るくアットホームな雰囲気です♪

呼吸器内科では、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎などの慢性期の管理から急性増悪時の治療まで対応します。また必要に応じて在宅酸素療法の導入、管理も行います。肺炎、肺真菌症など呼吸器感染症の治療にも力を入れています。肺がんは近年増加傾向が著しく、健康診断で異常があると言われた方や血痰や慢性の咳、痰などの症状がある方に高分解能CT検査や気管支鏡検査などで診断を確定し、適切な治療を行ないます。看護部では、リハビリ科とコミュニケーションをとりながら、患者さまに合ったケアを一緒に考えていきます。退院支援カンファレンス・リハビリカンファレンスにて他職種を巻き込みながら、最適な医療を提供しています。

消化器病センターの紹介

消化器疾患に対し、内科と外科の垣根を無くして患者さまのニーズに応えられる体制として、平成29年4月1日に消化器病センターを開設しました。腹痛、下血など比較的ポピュラーな消化器病症状で内科、外科の明確な区別がつきにくい状況で来院または紹介受診して頂く際、外来窓口を1本化し初期診療を「消化器病センター」として対応し、スムーズで早急な診察治療対応ができる診療体制を整えていけるよう変革しています。

消化器病センター(外科)病棟の看護師

消化器病センター(外科)病棟の看護師の画像

周手術期の患者さまの安全と回復を支援できるように他職種と連携し、チーム一丸となって看護を行っています。化学療法、放射線治療の実施や人工肛門の管理、緩和ケアなど専門的な分野を学ぶことができます。

消化器病センター(内科)病棟の看護師

消化器病センター(内科)病棟の看護師の画像

消化管出血、肝・胆・膵臓系の内視鏡的な検査や処置を受けられる患者さまの看護、手術前後の看護、ストマの管理、化学療法の管理、放射線治療などさまざまな看護を行っています。

病棟紹介1

ERの看護師

ERの看護師の画像

当院の救急医療の入り口として、年間8,000件以上の救急搬送を受け入れを行っております。患者さまの苦痛や不安だけではなく、家族の不安な気持ちを理解し寄り添う看護も行っています。
幅広い知識を持ち、観察から予測する力や多職種との連携を学ぶことができます。

手術室(オペ室)

優しい先輩が丁寧に教えます♪ 優しい先輩が丁寧に教えます♪

手術室では様々な診療科の手術に対応しています。器械出し看護師、外回り看護師どちらも担当できるように、日々、勉強会や情報収集などを行っています。分かりやすく丁寧に教えておりますので、楽しく働きましょう!

ICU(集中治療室)の看護師

ICU(集中治療室)の看護師の画像

心臓血管外科、脳外科、外科を中心とした集中治療や看護を行っています。ICUでしかできない手厚い看護と特殊技術の習得・スキルアップができます。急性期看護をやりたい方、お待ちしております。

循環器内科病棟・CCU(冠動脈疾患集中治療室)

スタッフ一同、皆さんをお持ちしております スタッフ一同、皆さんをお持ちしております

専門性が高く、循環器内科、心臓血管外科、さらにICUの後方ベッドも担い、内科、外科問わず色々な科に携わっています。「心電図が分かるようになる!」「急変対応に強いナースになれる!」「心臓カテーテルに対応出来るようになれる!」など、急変対応や心電図に強いナースになれる専門性の高い病棟です。とてもやりがいの感じられる病棟です。

病棟紹介2

インターンシップで体験できる病棟を詳しくご紹介いたします。「先輩インタビューページ」で、先輩看護師のインタビュー動画も配信中です。各病棟や看護部の雰囲気を感じて頂けますので、ぜひご覧ください!

小児科病棟

一緒に勉強しながら成長してみませんか? 一緒に勉強しながら成長してみませんか?

婦人科独自の処置・看護ケア(婦人科診察の介助・NSTモニターの計測など)ができます。女性特有の疾患となるのでメンタルケアについても学ぶことができます。

産科婦人科病棟の看護師

スタッフのモットーは笑顔です!☺☺☺ スタッフのモットーは笑顔です!☺☺☺

妊娠から出産、退院後の育児サポートまで、トータル的に関わることができます。経験豊富な先輩から多くを学ぶことができ、みんなで協力して楽しく仕事ができます!

腎臓外科・血液内科病棟の看護師

内科は楽しいですよ♪ 内科は楽しいですよ♪

血液内科をはじめ、生体腎移植の術前術後管理など各科、内科特有の治療内容を学べます。化学療法や輸血を数多く実施し、糖尿病に関する多様な指導を、患者さまのご家族を含め行っています。

腎臓内科病棟の看護師

一緒にお仕事できる日を楽しみにしています 一緒にお仕事できる日を楽しみにしています

笑い声が絶えない明るい病棟です。腎臓や循環器患者さまの急性期~リハビリ期、術前後の多面的な看護を行っています。腎臓疾患や透析に関連した知識や技術を学ぶことができます。

整形外科病棟の看護師

優しい先輩が丁寧に教えてくれます♪ 優しい先輩が丁寧に教えてくれます♪

骨折や手術により疼痛が強い患者さまが多く、痛みの緩和や安楽な体位の工夫をして看護をしています。手術件数が1~6件/日と多く、手術をする患者さまが早期離床できるよう、他職種と関わりながらサポートしています。

病棟のご紹介3

F館4F 血液浄化療法センター

透析治療の専門知識が身に付く! 透析治療の専門知識が身に付く!

透析室の看護師の役割は、患者さまへの指導になります。合併症を起こさず良い状態で長く透析治療を行ってもらうために、食事指導、セルフケアの指導、フットケアを中心に行っています。

A館4F 耳鼻科、泌尿器科、眼科病棟

みんな笑顔で生き生きと働いています☺ みんな笑顔で生き生きと働いています☺

クリティカルパスを使用している患者さまが多く回転の速い病棟です。抗癌剤治療や終末期看護など幅広い知識が身につきます。退院指導や転院調整などを行う機会もあります。

A館6F 総合診療内科病棟

やりがいや達成感を実感できます! やりがいや達成感を実感できます!

内科全般の疾患を診る診療科ので、たくさんの病気や色々な看護技術を学ぶことができます。固定チームナーシングを活用し、自分の患者さまのケアや援助に責任を持って看護を行っています。


新卒看護師アンケートの第一位は「職場の雰囲気が良い!」

新卒看護師アンケートの第一位は「職場の雰囲気が良い!」の画像

新卒看護師に当院の良いところを聞いてみました。堂々の第一位は「職場の雰囲気が良いところ!」。職種間の垣根がなく何でも話し合える環境があり、コミュニケーションがとりやすいのが看護部の魅力です♪患者さまの病棟での様子を看護師が一番把握しているので、他部署からも頼りにされています。板橋中央総合病院には、患者さまを笑顔に変えるチーム力があります!

新卒看護師アンケートの第一位は「職場の雰囲気が良い!」の画像

板橋中央総合病院 看護部オリジナル制度 ~ほっとする時間~

月に1回、同期とみんなで集まりリフレッシュ

月に1回、同期とみんなで集まりリフレッシュの画像

研修時間内に行う ~ほっとする時間~
「自分はこう感じた」「こんな技術ができるようになった」など、みんなの想いや進捗状況を話し合い共有。「みんなも、頑張っているんだ・・・、私も頑張ろう!」そんな思いを感じることで、明日への活力へつなげることができます。みんなで支え合い、みんな揃って板中の看護師だと実感することで、連帯感や絆を深める大事な時間になります。

板中のイケメンナースマン

板中のイケメンナースマン
板中のイケメンナースマンの画像

板中の看護部には、男性看護師が在籍しています。女性が多い職場ですが、男性の患者さまの対応やチカラ仕事など男性看護師の活躍の場はたくさんあります!患者さまに最適な医療を提供するために、性別を超えて一緒に楽しく働きましょう!

板中のイケメンナースマンの画像

板中のイケメンナースマンの画像

ワークライフバランスのための10箇条

ワークライフバランスのための10箇条

充実した毎日のために

その1.時間厳守するのも仕事のうち
その2.ラウンド前にPHSもバトンタッチ
その3.ナースコールをなくすコールへ
その4.パソコンの使い始めは交代後
その5.サマリー、記録は計画的に
その6.優先順位を考えた業務を
その7.休憩時間をしっかりとってスタートダッシュ
その8.休暇を上手にとってリフレッシュ
その9.会議には日勤以外の参加なし。時間厳守!
その10.一日のはじまりは仕事のプランニングから

板橋中央総合病院のコンテンツ一覧