看護学生・新卒看護師のための就活・奨学金情報サイト

JCHO東京山手メディカルセンターの特色

JCHO東京山手メディカルセンター
  • 公的病院
  • 東京都新宿区
  • 充実の教育制度
  • 資格取得支援あり
  • 寮あり
  • 被服貸与あり
  • 駅が近い
  • 退職金制度あり
一人ひとりに合った教育体制と働きやすさが魅力の総合病院!
病床数 418床
看護体制

急性期一般入院料1(7:1)

JCHO東京山手メディカルセンターの特色

1.当院の魅力をご紹介します♪

【便利なアクセス!】
当院の最寄り駅「新大久保駅」から新宿駅まで2分、池袋駅まで7分程度でアクセスでき、交通の便が良い場所にあります。 都心部から近く、グルメやショッピングスポットがたくさんあって魅力的です!仕事帰りや休日にプライベートをエンジョイできる環境です♪

【近代的設備に高度な医療】
近代的医療に対応し、高度なシステムと設備を備え、総合病院として地域に密着した質の高い医療を提供しています。中でも大腸肛門病センターや炎症性腸疾患センターが有名で、全国から患者さまが受診しています。幅広い分野で患者さまのご要望にお応えできるよう、経験豊富な専門医と万全の体制を整えています。

【災害時の医療拠点】
災害時には後方支援病院としての機能を果たすため、食料品、医療品の備蓄をして、非常時に備えています。ゆったりと造られた建物と敷地は、十分な収容力をもっています。

【日常の健康管理も◎】
健康管理センターは4階部分に独立しており、快適な環境での診察を提供しています。ホテル並の設備が自慢の1泊ドックの部屋は、毎年リピーターが多くいます!

2.【看護師のキャリアアップ】特定行為研修について

JCHOグループは、特定行為研修機関です。

「特定行為」は、診療の補助のうち、高度で専門的な知識・技能等を必要とする行為であり、研修を修了した看護師が手順書に基づき行うことができます。特定行為でできるのは21区分・38行為となります。このうち、3区分・5行為を東京山手メディカルセンターで行っています。

東京山手メディカルセンターで行っている特定行為

●3区分
・創傷管理関連
・栄養及び水分管理に係る薬剤投与管理
・血糖コントロールに係る薬剤投与関連

●5行為
・褥瘡又は慢性創傷の治癒における血流のない壊死組織の除去
・創傷に対する陰圧閉鎖療法
・持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
・脱水症状に対する輸液による補正
・インスリンの投与量の調整

特定行為研修について

特定行為研修受講イメージ 特定行為研修受講イメージ

5年以上の臨床経験を有する看護師が、自施設で働きながら研修を受講できます。

特定行為研修を修了した看護師の活躍

~特定行為研修終了後の活動状況~
2020年から特定行為の陰圧閉鎖療法を行っています。医師だけでは、外来や手術などで日勤帯での処置が難しいこともありました。特定行為が可能になり、医師がすぐに対応できない状況でも、医師の手順書のもと患者さんの状態にあわせてタイムリーに創傷管理ができています。創傷治癒の促進をはかり入院期間の短縮になることで患者さんにも喜ばれています。
更に院内でも特定行為研修を修了した看護師の活動が周知されることで、手順書を発行する医師も増え、活躍の場がどんどん広がっています。

【看護師のキャリアアップ】特定行為研修についての画像

【看護師のキャリアアップ】特定行為研修についての画像

特定行為研修

研修前のひととき 研修前のひととき

~実習風景~ 指導医のもと実習を行います ~実習風景~ 指導医のもと実習を行います

特定行為研修の臨地実習に入り、症例レポートに追われ毎日忙しく勤務しています。主治医と指導医の協力を得て日々学習しています。症例患者の状態を把握し、自分の考えを症例レポートにまとめることで学びが深くなり、自分に足りない知識や技術について学べるのでとても充実しています。実践を重ねて経験を積み自信につなげていきたいです。

特定行為研修

放送大学受講風景 放送大学受講風景

特定行為研修をうけようと思った動機は?

・もうすぐ看護師6年目になります。今までの経験を活かしたうえで、もう一歩ステップアップしたいと思うようになりました。病棟異動を経て脱水や急変を多く経験し、医師の到着前にすばやく対応できる力を付け看護に役立てたいです

・以前から特定行為に興味がありました。感染からのショックなどを目の当たりにして、アセスメント能力、知識を高めたいと思いました

・特定行為の先輩が陰圧閉鎖療法を実践しているので、自分もできるようになり、現場で役立てたいです

3.【看護師のキャリアアップ】専門・認定看護師が活躍しています!

JCHO東京山手メディカルセンターでは、看護ケアの質を向上させるために、看護専門分野ごとの教育を受け資格を取得した、専門・認定看護師が活動しています!

\当院で活躍する専門・認定看護師/
●精神看護専門看護師1名
●皮膚・排泄ケア認定看護師2名
●糖尿病看護認定看護師2名
●感染管理認定看護師2名
●がん性疼痛看護認定看護師1名
●がん化学療法看護認定看護師1名
●認知症看護認定看護師1名
●集中ケア認定看護師1名
●脳卒中リハビリテーション看護認定看護師1名
●手術看護認定看護師1名

【精神看護専門看護師】
精神看護の専門的な知識や技術で、患者さまやご家族に対して、“こころのケア”を提供しています。病気や治療のことで不安を抱えている患者さまやご家族のお話を聞き、一緒に考えます。時には一緒に悩みながら、安心や気持ちの落ち着きが得られるようなケアを心がけています。

【感染管理認定看護師】
患者さま、ご家族はもちろん、医療従事者、訪問者など、病院に関わる全ての人を感染から守ることに取り組んでいます。リンクナースや院内感染対策チームとともに感染症発生時の対策指導、マニュアルの作成、感染症発生状況の把握、職員教育などを中心に組織横断的に活動してます。

【がん性疼痛認定看護師】
がんに関連する痛みのアセスメント、鎮痛剤の効果、副作用対策にかかわり、患者さまの苦痛が緩和できるよう活動しています。がん性疼痛に関する院内研修を実施し、スタッフの指導も行っています。