看護師になりたい人のための病院探しサイト
がんばる看護学生のための
看護師キャリアアップ特集

認定看護師になろう!

認定看護師とは?

日本看護協会が行っている認定看護師認定審査に合格し、21領域ある認定看護分野いずれかにおいて、高いレベルの看護を実践するスペシャリストです。一般の看護師の模範となる臨床業務を実践し、現場を引っ張っていく役割があります。

認定看護師になるメリットとは?

  • 認定看護師の活動範囲の広さ

    病院内での活動範囲が広がる

    一般の看護師や他部署へ、専門分野のノウハウを指導したり、コンサルテーションなどの対応をします。

  • 認定看護師のモチベーション

    同じ専門分野の人脈が増え、モチベーションがアップ

    認定看護師教育課程で一緒に学んだ仲間や、医師等から最新情報を得やすくなり、モチベーションアップ!

  • 認定看護師の活動時間

    夜勤が減ったり、免除になる

    日中の活動が多い事と、他部署への指導など活動範囲の増加により、夜勤削減や免除になる場合も!

  • 認定看護師の待遇

    昇進にプラスの影響がある

    重要な仕事を担いキャリアを積んでいけるので、役職に就くチャンスもあります。

認定看護分野のご紹介

日本看護協会の認定看護師制度委員会が定めた「認定看護分野」は、
21分野あります。

※2019年6月現在
救急看護
救急病態を理解した患者対応、家族の支援
救急看護
皮膚・排泄ケア 褥瘡等の創傷管理、及びストーマ、失禁等の排泄管理集中ケア
緩和ケア 疼痛、呼吸困難、全身倦怠感、浮腫等の苦痛症状の緩和
がん化学療法看護 がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理
がん性疼痛看護 薬剤の適切な使用、及び疼痛緩和、個別的ケア
訪問看護
主体性を尊重したセルフケア支援、及びケースマネジメント
訪問看護
感染看護 医療関連感染サーベイランスの実践、及び感染防止技術の導入
糖尿病看護 血糖パターンマネジメント、フットケア等の療養生活支援
不妊症看護 生殖医療を受けるカップルへの必要な情報提供、及び自己決定の支援
新生児集中ケア ハイリスク新生児の病態変化を予測した重篤化の予防
透析看護 長期療養生活におけるセルフケア支援、及び自己決定の支援
手術看護
麻酔、手術侵襲による心身への影響を最小限にするための安全管理
手術看護
乳がん看護 ボディイメージの変容に対する心理・社会的問題に対する支援
摂食・
嚥下障害看護
適切かつ安全な摂食・嚥下訓練の選択、実施
小児救急看護
救急時の子どもの病態に応じた迅速な救命技術、トリアージの実施
小児救急看護
認知症看護 認知症の各期に応じた療養環境の調整、及びケア体制の構築
脳卒中リハビリ
テーション看護
脳卒中患者の重篤化回避のためのモニタリングとケア
脳卒中リハビリテーション看護
がん放射線
療養看護
がん放射線治療に伴う副作用の予防と症状緩和ケア
慢性呼吸器
疾患看護
安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた呼吸機能の評価、及び呼吸の管理
慢性心不全看護 心不全増悪因子の評価、及びモニタリング

認定看護師になるには?

看護師の国家資格を取得し、
5年以上の実務経験があることが資格取得のスタートとなります。

看護師の実務研修5年以上

(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)
看護師としての豊富な経験も必要となります。
次は認定看護師教育!

認定看護師教育機関の修了

(615時間以上)
認定看護師になるためには多くの専門的な知識が必要です。
次は認定審査!

認定審査

(筆記試験)
試験勉強頑張りましょう。
あなたはもう認定看護師♪

認定看護師認定証交付・登録

※書類審査にて5年ごとに更新
おめでとうございます!

※2020年度から、特定行為研修を組み込んだ新たな認定看護師教育が開始されます(現行21分野→新制度では19分野に)

現行の認定看護師教育は、2026年度で終了します。更新審査は継承されますが、2021年より特定行為研修を修了することで新たな認定看護師に移行できます。