看護師になりたい人のための病院探しサイト
がんばる看護学生のための
看護師キャリアアップ特集

知っておきたい看護師の手当一覧

看護師の給与は、基本給以外にもさまざまな手当が支給されます。
専門看護師、認定看護師など資格を取得すると得られる手当や、
救命救急センターや手術室など、
特定の場所で働くと得られる手当があります。
病院の募集要項を見るときに手当の有無や金額などもチェックすると、
病院ごとの違いが見えてきますよ。

認定看護手当(認定看護師手当)

認定看護師手当
月額平均3,000~10,000円

特定分野の認定看護師の資格を持っていると支給される手当。資格取得は簡単ではないが、看護師のスキルアップやキャリアアップには欠かせない資格の1つ

専門看護手当(専門看護師手当)

専門看護師手当
月額平均3,000~10,000円

特定分野の専門看護師の資格を持っていると支給される手当。認定看護師以上に、資格取得は簡単ではないが、キャリアアップしたい看護師に人気の資格。

特殊業務手当
(救命救急センターなど)

特殊業務手当
月額平均12,000円
(救命救急センター、結核・精神科病棟)
月額平均25,000円
(重症心身障害児・障害者病棟)

他の部署に比べて、集中力や体力を必要とされる特定の病棟で勤務する際に支給される手当。

手術室勤務手当
(オペナース)

手術室勤務手当
月額平均5,000~30,000円

手術室に勤務するオペナースに支給される手当。専門的なスキルが必要となるため支給される場合がある。特殊業務手当や危険手当のことを指している場合も多い。

ドクターヘリ搭乗手当
(フライトナース)

ドクターヘリ搭乗手当
1回平均2,000~3,000円

出動要請に基づき、フライトナースがドクターヘリに搭乗したときに支給される手当。

助産師手当、分娩介助業務手当

助産師手当、分娩介助業務手当
月額平均2,000~10,000円

助産師の資格を持った看護師が、分娩を介助する回数に応じて支給される手当。病院によって金額の幅が大きい。

診療看護師手当
(Nurse Practitioner)

診療看護師手当
月額平均0~60,000円

手順書に沿った診療行為を行える診療看護師の資格認定を持っていると支給される手当。こちらも病院によって手当が付かなかったり金額はさまざま。

オンコール勤務・待機手当
(救命救急センター、訪問看護師、オペナース)

オンコール勤務・待機手当
月額平均1,000~2,000円
(病院、介護施設)
月額平均2,000~4,000円
(訪問看護ステーション)

緊急の呼び出しに備えて自宅待機している場合に支給される手当。夜間が一般的で、オンコール担当の看護師は職場から連絡が来たら出勤できるようにしておかなければならない。

危険手当
(手術室、精神科、放射線科)

危険手当
月額平均10,000円

看護師の職務上、危険や危害がおよぶ可能性が高い場合に支給される手当。