看護学生・新卒看護師のための就活・奨学金情報サイト

国立病院機構 災害医療センター

  • 公的病院
  • 東京都立川市
  • 奨学金あり
  • 資格取得支援あり
  • 寮あり
  • 食堂が充実
  • 退職金制度あり
  • 保育施設あり
三次救命救急と高度総合医療の急性期病院
看護師 501人
病床数 455床
看護体制

一般病棟入院基本料:7対1

国立病院機構 災害医療センターの病院情報

災害医療センターが属する国立病院機構は、急性期から慢性期まで、全国140病院のネットワークを展開している医療グループです。キャリアパス制度を充実させ、看護師の知識・技術の向上に努めています。災害医療センターという名前から災害医療がメインと思われますが、当院の役割はそれだけではありません。

災害医療センターの機能として、高度総合医療(救命救急センター)、地域の中核病院(地域医療支援病院,臨床研修指定病院)、がん診療(地域がん診療連携拠点病院)、広域災害医療機関病院(基幹災害拠点病院国立病院機構ブロック災害拠点病)の4つとなります。

災害医療センターで働くメリットは、急性期~終末期など経過別看護や領域別看護の幅がとても広く、自律した看護師としての知識や技術が習得できます。また、様々な研修や臨床での経験をもとに高度な専門性や、どこにいっても通用する技術を身につけることで、将来の選択肢を広げることができます。研修や教育制度が充実し、国立病院機構独自の「Actyナース2」プログラムがあり、段階を踏んでステップアップすることができます。福利厚生等も充実しており年次休暇は入職時より20日付与されます。

病院データ

病院名 国立病院機構 災害医療センター
開設者 独立行政法人国立病院機構
病床数 455床
病院種類 公的病院
診療科目 呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、腫瘍内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、リウマチ・膠原病内科、神経内科、脳神経内科、緩和ケア内科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、ペインクリニック外科、泌尿器科、婦人科、産婦人科、小児科、精神科、救急科、総合診療科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、放射線診断科、病理診断科、麻酔科、皮膚科、歯科口腔外科
看護体制

一般病棟入院基本料:7対1

看護方式 固定チームナーシング、受け持ち制 他
看護師数 501人
外来患者数/日 730人
入院患者数/日 373人
住所
〒190-0014
東京都立川市緑町3256
国立病院機構 災害医療センター
アクセス

【電車】JR中央線立川駅北口より徒歩15分(タクシー5分、立川バス①番もしくは②番乗場より10分)、多摩都市モノレール立川北口駅より徒歩13分

からのコメント

三次救命救急の急性期病院です。看護技術を高めたい方やスキルアップしたい方にオススメの病院です。