看護学生・新卒看護師のための就活・奨学金情報サイト

埼玉県立病院(4施設)

  • 公立病院
  • 埼玉県さいたま市浦和区
  • 充実の教育制度
  • 寮あり
  • 駅が近い
  • 退職金制度あり
  • 保育施設あり
新病院で各分野の専門性を活かした看護が身に付く!
看護師 1550人(うち男性看護師180名)
病床数 1345床
看護体制

一般病棟入院基本料:7対1

埼玉県立病院(4施設)の特色

埼玉県立病院のスタッフが仕事に思いっきり打ち込めるのは、オフが充実しているからです!
休暇制度がしっかり整っているので、休暇を有効に利用して、仕事とプライベートを両立することができます。

1.相談体制が充実!

相談体制が充実!の画像

県立病院では、新人看護師が業務をする上で、1人で不安を抱えないように、相談体制を整えています。何でも話せるプリセプターに加え、総合リハビリテーションセンターでは「ピアサポートナース」を配置し、相談役として不安軽減に積極的に取り組んでいます。他の病院では看護部副部長が同様の役割をしていますので、何かあったらいつでも相談してください。

その他に、「自己申告制度」によって、人事異動や育児等の配慮に努めたり、年に一度、「職務満足度調査」を実施しています。職務満足度調査は、スタッフの意見を収集し、職場環境の改善に一役買っています。
県立病院は、働きやすい職場づくりに前向きに取り組んでいます!

2.サークル活動で気分転換♪

県立病院では、各病院ごとにサークル活動が盛んに行われています。スキーやフットサル、バレーボールなど多数のサークルがあります。仕事が終わった後や休みの日に、共通の趣味・ 興味を持つ仲間たちとスポーツや文化活動に取り組んでいます。看護師以外にも、多職種のスタッフが集まっているので、サークル活動を通して交流が持てるのも魅力です。
一緒にサークル活動を楽しみませんか♪

3.プライベートを思いっきり楽しもう!

仕事のオン・オフを切り替えて、充実した休日を過ごすことは、仕事へのやる気にも繋がります。
休暇には年に20日(4月1日採用者の最初の年は15日)付与される年次休暇のほか、6月~9月に取得可能な夏季休暇があります。また、リフレッシュ休暇も1年度に3日まで取得できるので、長期休暇を利用して国内・海外旅行に行くこともできます。
休日に仲間と過ごすスタッフも多く、普段病棟ではみられない一面をみることができたり、とても楽しい時間を過ごしています。