看護学生・新卒看護師のための就活・奨学金情報サイト

イムス横浜東戸塚総合リハビリテーション病院(旧:新戸塚病院)の先輩インタビュー

イムス横浜東戸塚総合リハビリテーション病院(旧:新戸塚病院)
  • 一般病院
  • 神奈川県横浜市戸塚区
  • 奨学金あり
  • 充実の教育制度
  • 資格取得支援あり
  • 寮あり
  • 保育施設あり
【5つの”S”】患者さまの望むゴールへと導きます
病床数 333床

イムス横浜東戸塚総合リハビリテーション病院(旧:新戸塚病院)の先輩インタビュー

1.忙しいけれど学びも多い!先輩方の気遣いに助けられています

新卒Iさん・C1病棟

新卒Iさん・C1病棟の画像

私は沖縄出身で、鹿児島県奄美の看護学校で学びました。実はこの病院にも同じ学校出身の先輩が数人いらして、業務上の関わりは少ないのですが、いつも心強く感じています。看護学校2年生の時、奨学金のガイダンスで説明を聞いて当院をはじめて知り、お世話になることを決めました。看護師人生の最初は慢性期を勉強したかったので、新人教育体制がしっかりしている中で慢性期看護が学べることはとても魅力でした。また、イムスグループという大きな組織なので、グループ内の施設異動もでき、今後の学びの範囲を広げることもできる点も大きな理由のひとつです。

2.奨学金制度を利用しています!

新卒Mさん・C3病棟

新卒Mさん・C3病棟の画像

新卒で入職、C3病棟で勤務しています。私は熊本県出身、鹿児島の看護学校を卒業し、就職のために横浜にきました。奨学金制度を受ける病院を選んでいるときに母へ相談したところ「横浜とか良いんじゃない?」と言われ、その一言に後押しされて当院への入職を見据え、当院の奨学金制度の利用を決めました。

3.自分のペースで学べる環境が入職の決め手でした

新卒Kさん・C1病棟

新卒Kさん・C1病棟の画像

私がこの病院に入職を決めたのは、自分のペースで学べる環境だと感じたことです。学生の頃にインターンでお世話になり、マイペースな性格に合っていると思いました。この病棟の患者さんはさまざまな疾患で入院されています。多くの方が人工呼吸器を装着されていて、お話しができる状態の患者さんのケアも十分に学べるという点が、入職の決め手となりました。私は将来、訪問看護の道へ進んでみたいと考えているため、療養病棟のある当院、在宅療養が必要となるであろう患者さんが多いC1病棟で働いてみたい、経験を積みたいと考えました。